スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画紹介でもでも。

2014.03.10 18:17|





私達は、現在という一点に、いつも自分を投げ出すことしかできなくて、未来の自分の為に、現在という一点にいつも自分を投げ出すことしかできなくて、未来の時間の為に現在を使うということに耐えられないのではないか。それは現在をからっぽにすることだから。たとえば大学に受かるためだけに、受験勉強をすることには耐えられない。勉強することそのものの中に目的を持たなければとてもやっていけるものではない。別の言い方をすれば未来も過去もなく、あるのは現在だけ。その現在という一点に、生も死も何もかもがある。
そうすると、世の中のあらゆる行為について、どれが準備で、練習で、どれが本番だ、閉店だ、ということは本質的にはどうでもよくなります。すべてがいつも本番ということになる。

                                 カフェの開店準備 小池雅代

どうも、こんばんわ、ラルです。
上の文章は国語の授業中に教科書を読み漁ってた時に見つけましたーw
どうでもいいけど、国語の授業ってホントに楽しい。
教科書を読み漁るだけでいいんだから♪
いつも、楽しみにしてます!だから先生少し静かにしてて・・・集中できない!(蹴

そんな感じでペラペラめくめくってたら見つけたのです。

あるのは現在だけ。その現在という一点に、生も死も何もかもがある。中々面白いですよね!


















さて、今日はめったにしないんだけど漫画のお話でもしようと思う。
私ラルは図書館によく通うのですが・・・もちろんそこには漫画は火の鳥ぐらいしかおいてないわけで。
しかたなく自腹で購入しております(

どうでもいいのですが、漫画って読むときに絵から見ます?文字から見ます?
私はいまいち読み方がわからないので小説と同じぐらいの時間読むのに時間がかかっちゃいます。


さて、とりあえず本題で、読む漫画の紹介でもしましょうかー♪
第一話、当、試し読みは全部リンクをはっておきますよい、リンク先はラルがあらかじめ踏んで確認してるから安心してくださいw

試し読みのリンクはこちらっていうのに全部つなげてあるよん、あ、今のは例だからどこにもつながってないよ(





まずは・・・pupa
第一話試し読みはこちら

未知のウイルスpupaに感染した妹さんを兄が助けるお話です。
第一話だけの内容だとこれぐらいしかあらすじかけないよ!w

究極の兄弟愛 って本の帯に書いてあったんですが、私もすごく同意かな('_')
愛の最終形態とはまさにこのことなんじゃないかと思います。
ってあんまりネタバレになりそうなことはいっちゃいけないから簡潔に抑えないとね!w
とりあえず私は芸術を感じて大好きです♪
既に完結してるので気に入ったら最後まで読めるし!w(完結したもの好き

1394426535243.jpg



















次はこれこれ!
となりの関くん
第一話試し読みはこちら


隣の席に座ってる関くんが授業中に盛大にイロイロ遊んで横井さんがツッコミしたり注意したり邪魔したり加勢したり怒られたりするお話ですねー。
ちなみに遊ぶ範囲は教室の机だけにはとどまらず・・・?
って感じですかね!
一話一話の繋がりが薄いのでちょっと休憩とかに一話ぐらいよむとリラックスできるかなー('_')!

1394426556439.jpg

















次これこれ、ガンガンいくよ!

のんのんびより
第一話試し読みはこちら

にゃんぱすーが有名ですね!といってもそんなににゃんぱすーって言わないんだけどね(
田舎を舞台にしたタイトルの通りのんびりした物語です。
キャラクターたちも小学1年~中学3年までが主要で、子供視点の意外性とか面白さがあると思います。
後は田舎あるあるみたいな感じかな?アニメも面白いヨ!

1394426521508.jpg



























次これこれ

聲の形
第一話試し読みはこちら

耳の聞こえない少女西宮硝子と、いじめっ子石田の物語。
いじめっこの心境変化、個人的には絵のタッチが一番好きなのでこれをお勧めしました。
想いで風味でいいタッチですよねw

1394426541961.jpg
















ここまで書いておいてあれだけど、私はどこかの回し者ではないのでご安心を(





それはそうと最近寒さが和らぎましたねー。私は花粉症なのでそろそろめがかゆくなりそうでこわいですw
皆さんはどうお過ごしでしょうかー。
私は最近とくにすることというほど急ぎの用事もなく、一つの概念に対して色々考えたりとかめんどくさいことしてますw
え?最近食べてるもの?(キイテナイ)うーん、炭酸水(甘くないの)とヨーグルトにレーズンとフレークをいれたものが朝ごはんに定着しつつありますねー♪おいしいんだよーw










こんかいはここまでー!よんでくれてありがとうー!







ー今日のラル選1曲ー


クリックで始まります、音量注意!
Over the clouds

ゲームゴッドイーターのOP曲です。
かっこよくて可憐な曲だと思います♪
結構お気に入りw












続きはおまけの秘蔵の一冊。

続きを読む >>

スポンサーサイト

久々に本の紹介

2013.06.27 21:45|

夏の夜は美しいですよね。
くらーい部屋で、静かに目を閉じて、耳を澄まし、虫の音を聞いて・・・時折目をあけて遠くでボンヤリと光る街灯を見ていると、どこか不思議な気分になります。
なんだか・・・幻想的な気分になりませんか?
真夏の夜の公園の芝生の上で、大の字で寝っころがると、どこか幸せで自分が主人公になった気がします。

夏の夜はいつもと違った世界、この世界の見えない部分、日常で見つければフッと幸せになれるような。

そんな 煌めき が見え隠れしている気がします。

煌めきっていうのは普段の何気ない明るい世界でも、見えるときは見えるのですが、見えないときは見えません。
けれど、夜は、その煌めきたちが一斉にはしゃぎだす時間な気がします。
人目につかず、けれど、見つけられるのを待っているような・・・。
夏のものでなくてもそこに煌めきはあると思うんです。
たとえば、赤ん坊の泣き声とあやす母。
昼間は騒々しく聞こえますが、夜によく耳を澄ましていると、夜泣きをする赤ん坊と、それを収めようとする母の声が聞こえます。
それは昼間には騒々しいけど夜はどこか慈愛に満ちていてとても満足した気分になります。
もしかしたら、私だけなのかしれない。
けれど、その 煌めき 達が見つけてほしそうにこちらを見ている、夜の時間。
一緒に、散歩でもどうですか?
と、誘える相手がいたらそれはもっとたくさんの煌めきを見つけられると思う。



そんな煌めきと面白い視点と角度で教えてくれる、私が出会った本。













はい、本の紹介を久々にするよー!


なんだかんだで文系男子なんですラルはw
まぁ、みなまで言うな・・・このコーナー・・・なにをかくそう・・・






需要がない(バーン











じつにこのカテゴリー五か月ぶりの更新です・・・!









さて、今回紹介する本はこれ↓

もう おうちへ かえりましょう

DSC_0205.jpg












前回ラルが世界音痴という本を紹介しました。→リンク

その世界音痴と同じ作者が書いたものですね!


ホントにこの書き手さんを尊敬します。

名前は 穂村弘(ホムラ ヒロシ) さん


歌人なんですが、本もいくつか出しています!








彼の書いた作品は私のような世の中のはずれ物
というか、どこか馴染めない自然さを失ったものに深く共感を与えてくれます。
私にとってはかゆいところに手が届く本ですね!

中身載せると著作権引っかかるので、アマゾン内で 穂村弘 で検索しての中身チラ見みたいなのでみてくださいww


でも、とりあえず世に回ってる短歌を2つほど投下しておきます




回転灯の赤いひかりを撒き散らし夢みるように転ぶ白バイ     (穂村弘
なきながら跳んだ海豚はまっ青な空に頭突きをくらわすつもり   (穂村弘



なんだそりゃっwて感じですよね、でも情景が浮かぶのはコミカルだけどどこか寂しい感じだったりします















さて、これは別の話なんだけど、夏の夜は幻想的で、冬の夜は物寂しい現実感っていう感じです、私にとってはね!
私は冬の方が好きかなー♪
どこかもの悲しくてそれがとっても気持ちいいんだよね!
雨がふってたらなおよしですw


変人ですね!



扇風機から流れる風に向かって「君はははどこからあああきたのおおお」とかアホなことを言ってニヤニヤしてる私です、どうも、寝ても覚めても平常運転なラルであります。













最近はどうも詩的な気分です、短歌とか作りたくなります。(完全に本の読みすぎ

・・・書いたら絶対黒歴史になってしまうので書きませんけどね。
書かないよ!?絶対書かないよ!?




葉にのった、大きな雫、触れながら、宝石だねと、蝸牛の子     (ラル






難しいな・・・ありきたりだし
きっとコメント欄でうまい短歌が聞けると信じてます(無茶ぶり
あ、嘘です、さらに需要なくなると困るので嘘です!






皆・・・本を読もう!w

以上文系男子、ラルでした。
















おそらくだけど次回の更新で2周年になるのかな?
いつもなら7/4になるけど、ちょっと立て込んでいるので、どうしても遅れた別日になりそうな予感ですw
面白いこと書かないとね!・・・でも内容考えてない!w






内容がないよう!なんて、言わせないよう!?







これはひどい。










次回のラル先生(笑)の次回作にご期待ください・・・!

















ー今日のラル選雨の日1曲ー


クリックで始まります、音量注意!
雨の庭【IA】
どこかホラーじみてるけど美しいですよね、PVも必見です!
この落ち着いた曲調と少しの不安・・・これぞ雨の夜ですね・・・!
隠れた名曲というやつです♪
イヤホンかヘッドホンがいいかも!




ネトゲ写真は今日はお休み、本の紹介ですので-(*^^)











続きは拍手コメント返し、まったりとw

本の紹介してみたかった。

2013.01.13 17:28|
私はしばしば人とずれているといわれることがある。
何がとははっきりいえないのだが、計算をしたうえでずれたことをする姑息さと、人とはずれた感性を持っているのだと思う。


教師が生徒を叱り飛ばしているとき、ただうなだれて反省しているフリをする生徒をしり目に、私は一人プリントで紙飛行機を折っていた。
当然、先生は私を叱った。
「下校の時間なので、私はこれ以上時間を使いたくありません」
ひっぱたかれた。
周りはひきつった顔をしていたが、私は腹の底からこみあげる笑いをこらえるのに必死だった、真剣に教師が怒るのを面白がっていたのだ。
こういうとき、突如自分が違う世界にいるような気分になる。なぜ周りは笑わないのだろう、と。
そういう感覚がずれているんだと思う。


そんな私は友達を作ることは得意だった。
転校してもすぐに友達はできたし、人気者になることもできた。
でもそれは、どうすれば注目を浴びるか、人気になれるか、そんな姑息な考えの下で得た友達だった。
注目を浴びる・・・人と違うことをすれば注目を浴びる。
私が転校した初日、自己紹介の時に私は、わざと教壇につまずいた。
笑いが起こる教室、私自身は注目を浴びるためにやったことなので、それほど面白くない。
だが周りは、ドジなやつ、面白い奴、そんな印象を持つ。ただ黒板に名前を書くことでは得られない印象。
席についた私は、周りの印象の単純さに口元が緩んでいた、そんなくそガキだった。
けれど、周りは次第に気づいていた。そんなくそガキがずれていることに。
次第に私と距離を置くようになり、おどけても誰も反応しなくなる。
怖かったのだと思う。人間としての勘であろうか、どこかなじめないようなよそよそしさがあったのかもしれない。


人に相手にされなくなった私は本を読んで過ごした。
そして、普通の生活をしようと決めた。
話しかけられれば笑い、怒られればうなだれる、人間の皮をかぶった人形になった。


だが、現実は私が思うほど甘くはなく、周りは変な奴、として私を遠ざけた。
しかし、そんな状態でも周りが私を見て笑う時があった。


歌の時間。
私はひどく音痴だったらしい。自分では普通のつもりだったのだが、音痴だったらしい。
私が「あー」と歌えば周りは肩を震わせた。
音痴・・・唯一、周りが注目してくれるこのワード。興味深く思った私は辞書でその単語を調べた。

音痴
声量の調節、維持ができない、リズムがずれていること。


私はその皮肉さに声をあげて笑った。
人気を取るためにずらしていた周りとのリズム、誰からも相手にされなくなった原因でもあるずれたリズム、普通を決心しても、結果としてそのずれたリズムが私唯一の注目の時。
私とずれたリズム・・・音痴には切っても切れない縁があったのだ。


私は世界からリズムのずれた音痴なのかもしれない。



世界音痴


DSCF4673.jpg














どうだろう本の紹介っぽいものを書いてみたw

難しいねーもちろん上の話は一部フィクションですよ!
この世界音痴という本が面白くてですね、ぜひ紹介したいなーと思いましたw
周り 自分 ずれ 
この辺りのワードを意識して結果的に世界音痴っていうのがでてくるようにしたかったんだけど、中々にこじつけた感が否定できませんw







・・・本の紹介になってないじゃん!!!(遅







というわけで紹介w


この本の作者さんとても面白い方で、少しずれた感性をしているんです。
きっと読者の人に、新しい視点でものを見る、こういう考え方があるのか、と思ってもらえます。
もしくは何言ってんだこいつwwって笑い飛ばすのもいいかもしれません♪
タイトルに反して悲観的内容はほとんどありませんよ!









とまぁ久々に本を読んで「おぉ!」と思ったので紹介なのでした。













ーお構いなしにラル選ボカロ1曲ー


クリックで始まります、音量注意!
ペテン師の笑う頃に
ちょっと違うけど変な内容の記事書いたのでこんなのでどうだろう!









拍手コメント返し完了いたしました!遅くなってすいませんw

続きを読む >>

半分の月がのぼる空

2012.01.30 02:03|
最近普通の記事の更新が激しかったのでここらで一息で本のお話w

突然ですが民さんはこの国の読書人口を知っていますか?


たったの1654万です・・・1億以上(正確な数しらにゃい)人がいるここ日本のうちのたった1654万人です!(漫画や雑誌は含みません)

これはいったいなぜなんでしょう・・・テレビを見る人は沢山いてドラマを見る人も沢山いてドラマの原作や小説版をみる人は少数です・・・

ねぇ、なんで・・・?なんでこんなにすくないの・・・?
読書を普段しない人も1度ぐらいは読書感想文か何かで読んだことがあるはずです。
私は文章を書くのは好きですが実は読書感想文は嫌いですw
なぜ、好きな本または指定された本を読んだ後に、感想を書かなければいけないのでしょう?
まず、本を読む人には大体3種類います。
サーッとよんで「あぁ、いい話だった」という人、勉強や仕事の合間に読書を取り込み息抜きにする人、しっかりと1ページ1ページしっかり読む人。
読書感想文はサーッとよんで「あぁ、いい話だった」という人と、勉強や仕事の合間に読書を取り込み生き抜くする人達に対する配慮が0なのです!!


私がこう考えるのはなぜでしょう?前者の場合はいわゆるお話だけ把握できればいいやという人なので感想文を書くときに書けなかったりありきたりな言葉を並べるだけになったりすると思います・・・
後者の場合は本に息抜きの「自由」を求めているのに読書感想文という「拘束」がついてくるために快く読書ができないからです・・・


もちろん感想文を書くことは大事です!しかしですよ、そこに本を強制するのがおかしいではないですか!!!


学校の先生がなるべく万人向けな本を生徒に配布して「これは、先生が好きな本なんだ、感想文は書かなくてもいいし読んでも読まなくてもいいからね」
とか言ってあげないと駄目です!!!

学校です、1人が「この本は面白い」と言えばそれはすぐ噂として学校に広まり、本の面白さに目覚める人が少数ですがいるはずです!!!


話がめちゃめちゃそれたw
この国の読書者数が少ない1番の理由は
「本で感情を動かしたことがない」
この辺りでしょうか。
どんな本にも作者が伝えたかったこと、見せ場、などがいくつもあります。
ここが本で一番感情を動かせるポイントです!
ドタバタギャグコメディなら渾身のネタ!!感動系なら主人公やヒロインの心情!!


ここでおかしなことに1つお気づきでしょう?
え?ラルがまともなこと言ってることだろうって?

正解ですが何か。


まぁいまのは全く関係ない話w
え、ならおかしなことってなにかって?

いや、だから私がまともなこと言ってるってだけ^^いやゆる思わせぶりというテクニックです!(滅
・・・ふざけてすいませんでしたw

とにかくラルは読書する人をもっと増やしたいのです!!
この国をもっともっっっと読書大国にしたいのです!!(熱)

しかし私一人ではどうしようもないこと・・・
このブログでちまちま本の宣伝をするしかないのです><。
ラルがもっと上手く文章書けるようになって自分の本でも出せたら話は別ですけどね・・・w


今日のお勧め本はこれ!

「半分の月がのぼる空」
これほんとに感動します・・・

読みたい方も途中で辞めずにちゃんと最後まで読んであげて下さい・・・すごくいい話です!
あらすじの紹介は今回は致しませんw私の文章でこの本の質を下げるの怖いのでw
公式サイトはこちら
ちなみに、この公式サイトの本の表紙が並んでるとこでその表紙をクリックすればあらすじは見れますw



あーよく書いた、よしゲームしよう!


え、本じゃないのかって?ゲームする人は本も沢山読むと統計的に出ているんですよ♪(逃



続きはなかなかしぶとい拍手コメント返しw

続きを読む >>

四ツ話クローバー

2011.08.11 13:27|
ブログ始めて約一カ月たちました…
相変わらずネタの少ないことに定評のあるラロルティです(笑)

なんですかねー…

カテゴリが少ないから話が広がらないのかなぁ…^^;

まぁいいやw

今日は本のお話♪

「四ツ話のクローバー」
という本です^^

170万部の大ベストセラー「夢をかなえるゾウ」の作者、水野敬也さんの新作です♪

さて、ネタ切れとコピペに定評のあるラロルティの得意技、引用の出番でs(ry)

幸せになるための4つの物語。

四つ葉のクローバーを見つけた人には幸運が訪れるという伝説があり、
四つの葉にはそれぞれ 「faith(誠実」」「happiness(幸福)」「heart(愛情)」「hope(希望)」の意味があると言われています。
そして、本書「四つ話のクローバー」に登場する4つの物語にも、「笑い」や「感動」だけではなく、「幸運」を呼び込むための具体的なヒントがつまっています。

■第一話:「この世界に存在する『たった一つの成功法則』を教えてもらえる」。その噂を信じて会長室の扉を開けた男が見たものは――「深沢会長の秘密」
■第二話:12月31日、大みそかの夜。「紅白歌合戦」をはるかに超える視聴率を叩き出す怪物番組が現れた――「ハッピーコロシアム」
■第三話:突然、駅のホームで幽霊になってしまった男は、世にも不思議な「人生」の授業に参加する――「見えない学校」
■第四話:深夜、誰もいない遊園地で親子が途方に暮れていた。「ジェットコースターに乗せてもらえなければ、私たちは死んでしまうのです」――「氷の親子」

4つの物語を読み終えたとき――あなたの元に幸運が訪れているかもしれません。


今日もよく書いたぜ…
すいません黙りますw

ちなみに私はこの本まだ読んでいません


何もイッテナイヨ(棒読み


でわ
07 | 2017/03 | 08
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
どもも♪

ラロルティ&ラル

Author:ラロルティ&ラル
ラロルティのリベルタブログにようこそ!

おはこんばんちわわー^^
ブロ主のラロルティです♪
気さくで気ままな性格ですw
変わった人間になりたくて日々奮闘中?
摂食障害、統合失調症、身体醜形障害ですん\(゜ロ\)

ブロともやリンクのお誘い大歓迎なのですよー♪

ff6のセッツァーの大ファンです☆
そして、絵のセンスが終わっています。プロフ絵コロコロ変えますが私が書いたものは1つもないのであしからず―^^;

カレンダー&月別記事♪

07 ≪│2017/03│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ♪

ラロルティのブログ訪問で、〇〇が・・・・・・

flash boreal kiss

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。